2018/08/12

産業カウンセラーは、どんなことをするのですか?

デスク

 

産業カウンセラーとは

 

産業カウンセラーとは、心理学的手法を用いて働く人と組織を支える専門家。

起業でのメンタルヘルス対策やキャリア形成支援などを主な業務としています。

 

産業カウンセラーの使命

 

働く人の上質な職業人生(Quality of Working Life)の実現を援助し、産業社会の発展に寄与することです。

 

産業カウンセラーが行う援助とは?

 

相談室で話を聴くだけではなく、産業や労働の現場でカウンセリングや研修などを行います。

働く人自らが問題を解決できるよう援助しながら、健康で生産性の高い組織作りを支援していきます。

 

産業カウンセラー3つの活動領域

 

①  メンタルヘルス対策への援助
労働者の心の不調に早い段階で気づき、専門的な援助を行う。

② 人間関係開発への援助
働きがいのある職場を作るために、人間と組織の質を高め成長を促進する。

③ キャリア開発への援助
個人の働き方・生き方や仕事を選択する際の支援も行う。

 

産業カウンセラーの活動の場

 

活動の場は多岐にわたり、産業や労働の現状に通じたプロフェッショナルな援助者として、国や自治体、企業などから専門的な役割を期待されています。

企業におけるストレスチェックのアドバイザーなども行います。

 

産業カウンセラー養成講座で学ぶ内容

 

.産業カウンセラーの役割と活動

・産業カウンセリングの歴史と発展

・産業カウンセラーの役割と活動

・産業カウンセラーの倫理

.カウンセリングの基礎理論

・傾聴の意義と技法

・カウンセリングの基本

・来談者中心療法と人間性心理学

.カウンセリングの諸理論

.人間理解の基礎理論

・こころのメカニズム

・パーソナリティの理論

・心理アセスメント

.職場のメンタルヘルス

・職場のメンタルヘルス・ケア

・精神医学の基本

.産業社会と職場

・産業・組織の心理学

・産業社会の動向と人事労務管理

・労働関係の法規

.コミュニケーションの理論と活用

.キャリア・カウンセリングの基本

一般社団法人日本産業カウンセラー協会より引用

 

Copyright© カウンセリングルームmika , 2018 All Rights Reserved.