2018/01/13

よくある質問

ペン

カウンセラーがどんな人かわからないので不安があるのですが…

 

そういう方は、とても多いと思います。私自身も新しい場所、初めて会う人に対しては緊張するのでよくわかります。

 

まずは、幼少時からさかのぼって掲載している「私のプロフィール」を読んでいただくと不安感を減らせるかと思います。

 

私の人生観、悩んできた経験やカウンセラーとしての在り方を知っていただけると、カウンセリングを検討される際の参考になると思います。

 

おひとりにつき1回だけになりますが、お試しカウンセリング(1回60分5,000円)もありますので、カウンセラーの人柄やカウンセリングに触れる機会としてご利用ください。

 

 

何回くらい恋愛心理カウンセリングを受ければいいのでしょうか?

 

A 最低でも3回は通われる心づもりはしておいてください。

 

「1回だけでなんとかしてほしい」という方もいらっしゃいますが、焦りの気持ちが強いとカウンセリングは上手くいきません。

 

特に恋愛問題は、ご自身だけでなく相手がいることなので、じっくり取り組んでいくという気持ちを持つことで、かえって早く悩みが解決します。

 

また、恋愛のご相談は、恋愛そのものよりも親子関係や職場の人間関係、仕事に問題の根っこがあることが多いです。心の傷を引きずっているため、愛を受け入れる状態が弱かったりするのです。

 

まずはその心の傷を癒してから、実践である恋愛コミュニケーションのカウンセリングへと進みます。そのためには、やはり最低でも3回のカウンセリングが必要となります。

 

1回のカウンセリングのあと、ご自身で取り組めそうな場合は、もちろん1回のカウンセリングでも構いません。

 

 

相手とのやり取りに対するアドバイスをもらえますか?

 

A 悩みの傾向などから、「このようにするといいでしょう」といったアドバイスは行います。また、男性心理や女性心理についても詳しくご説明します。

 

相談者がラインの既読スルー、未読スルーといった悩みの場面を挙げるケーでは、実践アドバイスもしますが、その悩みがなくなるような考え方をお伝えします。

 

また、寂しいから恋愛に溺れてしまうケースでは、寂しさに向き合うカウンセリングをしながら実践のアドバイスをします。相手のちょっとした行動に怒りを覚えるケースでは、怒りの元がどこから来るのかをカウンセリングで明確にし、実践のアドバイスをします。

 

最終的には、「既読スルーが気になってたまらない気持ちや考え方」を、「既読スルーなどあまり気にならない自分」「相手から深く愛される自分」へと変われることが、恋愛心理カウンセリングを受ける強みです。

 


恋愛に自信がない方には、自信を持っていただけるように無理なく進めていきます。環境や相手が変化しても、一生続く恋愛観を身に着けていただくことが、遠回りのようで幸せになる一番の近道です。

 

 

上手く悩みを話せるかどうか自信がないのですが大丈夫でしょうか?

 

大丈夫です。100%あなたの味方として、お話をうかがいます。

 

悩みは複雑にからみあっていますから、話の中で過去と現在の出来事を行ったり来たりしてしまっても、矛盾しているような話になってしまっても、カウンセラーが整理して聴いていきますのでご安心ください。

 

こんなことを相談してもいいのかな?笑われないかな?怒られないかな?と心配する方もいらっしゃいますが、大丈夫です。実は、こういった所に悩み解決の糸口が隠されているものです。遠慮せずに何でもお話してください。

 

もちろん、言いたくないことは無理に言わなくても構いません。

 

 

占いとカウンセリングは、どう違うのですか?

 

A 占いは、相談者の将来の可能性を伝えるもの。

 

カウンセリングは、心理のプロ視点から、相談者が漠然と感じていることを明確化していきます。さらに、目標に向けて行動する相談者を、継続的にサポートするものです。

 

なりたい自分像や理想的な恋愛を現実化するためには、困難な場面に遭遇することもあります。それに立ち向かうための勇気とエネルギーを持ち続けられるよう、カウンセラーが側面からしっかりと支えます。

 

つまりカウンセリングは、根本的に現状を改善していくことを目指す「相談者とカウンセラーのチーム作業」と言えます。

 

マラソンで走り続けるランナーが相談者。そのランナーに伴走していくのがカウンセラー。このようなイメージがわかりやすいでしょう。

 

 

私の悩みは恋愛心理カウンセリングで解決できるのでしょうか?

 

A 悩んでいることが心理的なものが含まれているのであれば、様々な恋愛のケースにお役に立てると思います。

 

もちろん、出逢いがない、復縁、結婚、パートナーの浮気、離婚などのご相談も恋愛心理カウンセリングで解決につながります。


心理的なものが含まれている例

パートナーの前では本当の自分を出せない

パートナーを含めた人間関係に悩む

幸せになりたいのになかなか実現できない

恋愛の悩みで眠れない

ちょっとしたことでイライラしてしまう

他人の視線が気になって仕方ない

○○したい気持ちと○○するのが不安な気持ちといった、心の葛藤で身動きが取れない

うつ病、パニック障害、不安神経症、パーソナリティ障害

発達障害と恋愛の悩み

寂しさで押しつぶされそう

誰からも愛されない気がして孤独

周りの人の幸せが気になる、妬ましい

 

上記に当てはまるものがない場合は、「お問い合わせフォーム」かメール、もしくはお電話でご相談ください。

 

カウンセリングルームmika 

☎ 080-3314-4164
(↑クリックするとつながります)

✉ mikan595675@gmail.com
(メールでのお問い合わせ)

お問い合わせフォーム

 

電話 毎日受付 9:00~21:00

メール 24時間受付

 

 

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.