相手が思い通りにならないと憎しみさえ感じてしまう原因と対処法

 
花と女性

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

 

恋愛で起こる問題は、4つの事柄に集約されます。

 

1.相手との近さ

2.お互いの信頼

3.相手を自分の思い通りにしたくなること

4.性にまつわる問題

 

恋愛で悩むほとんどの方は、3.相手を自分の思い通りにしたくなることが、さまざまな場面で起きているのではないでしょうか。

 

相手を自分の思い通りにさせたい気持ちは、誰にでもある自然なことです。

 

ところが、度を超すような要求を相手にぶつけたり、相手に憎しみを感じたりするようになると、それは恋愛を通り越して執着となってしまいますね。

 

なぜ、このようなことが起きるのでしょう?

 

 

愛情に飢えた子どもがもとめる無条件の愛

 

それは、幼少期に適切な愛情を親からもらえなかったことで起きます。

 

適切な愛情とは、衣食住を問題なく提供されることととは違います。

 

本来、無邪気でいるはずの子ども時代に、あるがままの子どもを親が受け入れてはくれなかった状態。

 

たとえば、親が過干渉だった、ネグレクト(無視)していた、親に何らかの問題があって、子どもが親の悩みを聞いたりなぐさめたりといった、親子逆転の役割りをさせられていた状態からも、愛情に飢える子どもはできあがります。

 

 

恋愛相手に無条件の愛を求める大人

 

愛情に飢えていた子どもは、成長してからも大人らしい行動をするのはとても難しくなります。

 

頭では「相手にこんなことをしたらいけない」とわかっていても、幼い頃に学んでしまった無条件の愛を求める気持ちがあると、何かのきっかけで怒りになってしまうのです。

 

いつも無意識に無条件の愛を求めているので、とても理性的にはなれないのですね。相手は自分とは違う考えを持ち、違う感じ方をすると心が納得できないのです。

 

 

相手に怒りが爆発しそうになったらやること

 

怒りが抑えられなくなったら、まず「相手を憎んでしまうほど自分の思い通りにしたくなるのは、親子関係により自分は愛情に飢えているからだ」と考えてみてください。

 

次に、「そんな自分でもいいんだよ」と自分で自分を受けとめてあげましょう。

 

自分の心の中を見ないふりをしたり、ただ相手のせいにしても、ふたりの状態は何も変わりませんね。それどころか、悪化の道をひたすら進むだけです。

 

 

そして、一度立ち止まって、別の考え方をしてみてください。

 

 

相手は自分とは違う人間

 

「相手は自分とは違う人間なのだ」と。

 

赤ちゃんであれば、母親を自分の延長として感じ、「何でも自分の言うことを聞いてくれる存在」だと思います。それが恋愛依存症の方の根本にあるのですが、あなたはもう大人です。

 

幼い子どもが駄々をこねたり癇癪を起すように接しても、相手は当然思い通りにはなりません。

 

実際、私もときどきパートナーに対して、何とか自分の思い通りにならないものかと考えてしまうことがあります。そうなったときには必ず自分に言い聞かせるようにしていますよ。

 

彼と私は違う環境で育ち、違う意思をもった一人の人間なのだと。

 

もしもあなたがそのように考えることが難しいと思ったら、紙に書いて壁におくのもいいでしょう。

 

付箋

 

何度もこの紙を眺めながら、自分に言い聞かせてみてくださいね。

 

ふたりは違う人間なのだと心から理解できたときに、恋愛の課題である1.相手との近さ2.お互いの信頼は、必ず戻ってきます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カウンセリングルームmika , 2019 All Rights Reserved.