2020/01/15

【依存歴30年の心理カウンセラーが伝授】“恋愛の悩み”根本原因の見つけ方と解決~実践編~

 
彼を思う猫

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

女性の恋愛相談で一番多いのが「本当は安心感がほしいのに、彼との恋愛では真逆な状態になってしまう」といった内容。

 

そして「彼はいま大変なときだから…」とか「彼さえ変わってくれたら、すべてがうまくいくのに…」と相談される方が1/3。

 

「彼が回避依存症だから~したらいいかもしれない」と、彼対策を知りたい方が1/3。

 

残りは、自分にも問題があるんじゃないかと相談される方々。

 

どうでしょう?

あなたはどれに当てはまりますか?

 

最初にお伝えしますが、彼に問題があろうとなかろうと、恋愛問題の根っこは「あなた自身にある」のだと理解しないと何も始まらないんです。

 

「彼さえ変わってくれたらすべてがうまくいくのに」という考えがあるかぎり、恋愛相手が変わっても同じ悲劇をくり返すんですよ、残念ながら。

 

例えば

・彼は借金癖がある。

・彼はモラハラ男。でも本当はやさしい。

・彼をわかってあげられるのは私だけ。

この展開になる方は、育った家族で身についた反応が必ずあります。

 

また

どうして私のことをわかってくれないの?

どうして私が一番じゃないの?

と、彼の視線をいつも感じていたい心理状態の女性も、その根っこには育った家族で身についた反応が必ずあります。

 

も~ミカさん。さっきから反応、反応って言ってるけど、一体それは何なの?と思う方はこの続きを読んでくださいね。

 

反応は、あなたの恋愛を大~きく左右する重要な要素ですよ。

 

というか反応を理解しないと、なんちゃってカウンセラーに大金をつぎ込んで時間とお金を無駄にするので、ぜひ「反応ってなんだろう?」と思ってこの先に進んでください。

 

恋愛の問題には必ず反応がある

 

恋愛で起こる反応とは、育った家族で自分が無意識に取り入れた心の動きのこと。

 

この心の動きとセットになるものが、大人になっても引きずっている出来事です。(といってもそれは心の底に眠っているので、本人は気がつかないことがほとんど)

 

心理用語では終わっていない出来事を未完了の事柄といいます。

 

ねこ

 

例えば、あなたのこども時代。

 

妹が病弱なため、両親はいつも妹のことばかり気にかけていたとします。

 

そんな状況のなか、あなたが頑張って勉強してテストで初めて100点をとった。親にほめてもらえるかなぁ…と、小さな期待を胸にテストを持って帰った。

 

そういうときにかぎって妹の状態が悪くなり、親の心は妹に集中して、あなたが期待したほど親はテストの結果に興味を示してくれなかった。

 

その結果、あなたはこんな思い込みを自分で作り上げていきます。

 

私がどんなに頑張っても、親は気にかけてくれない。

私は大切ではないんだ。

 

あなたが大人になったいま、親は「実際はそんなことなかったよ」と言うかもしれません。

 

でも、あなたが体験したことが、自分にとっての真実になるのです。

 

テストで100点をとったときだけでなく、あなたが親をとても必要としているときに、親があなたに気持ちを向ける余裕がない状態が何度もくり返されたとしたら、その思い込みはあなたの真実となっていくのです。

 

こうなると

 

あっ、また私はないがしろにされた……

私は特別な存在じゃないんだ……

 

という思い込みが強くなっていきます。ちなみに、心理用語では思い込み信念とか自動思考と言います。

 

その気持ちは大人になっても、ずっと心の底に残っていて、恋愛で似たような場面に出くわすたびに反応が起こります。

 

つまり、もともとあなたの心に

==========
もっと私を大切にして
==========

という爆弾があり、

爆弾

 

その爆弾が彼の態度によってボンッと爆発するのです。

爆発

 

これが反応です。

 

彼があなたに爆弾を渡すのではないんです。

爆弾を持つ男

このイメージを持っている方は多いのですが、ちがうちがうちがう。

 

もともとあなたが爆弾を抱えていて、その爆弾にあなた自身が火をつけるのですよ。

 

爆弾の着火行為が反応です

 

未完了の事柄による思い込みが【爆弾】

自分で火をつけるのが【反応】

彼はあくまでも、きっかけです。

 

 

爆弾に着火

 

ここがわかっていないと、彼を変えなければならないと必死になったり、彼の気持を理解しなければと自分を責めたりする。しかも、何度も何度もくり返す。

 

当然のことながら、相手が変わってもあなたに同じ反応が起こる限り、同じ結果になります。

 

このことは、声を大きくして何度も伝えたい。

 

カウンセリングを受ける場合、未完了の事柄反応について理解しているカウンセラーを選ばないと、時間とお金がかかるばかりで、変化を感じられないといったことが起きるでしょう。

 

実際、私に相談される女性は目をみはるような美しい方ばかりで、私が恋愛を語るのが恥ずかしくなるほど。

 

こんなにキレイなら、どんな望みでもかなえることができるのでは?と一瞬思うんですよ。でも、恋愛に苦しんでおられる。

 

となると恋愛の問題は、外見をどうにかしよう的なレベルの話ではないですし、彼を振り回す方法なんて通用しないのが理解できますよね。

 

問題は心にあります。

 

ではここからは、その心の問題=反応をどうやって見つけるのかを説明していきます。

 

 

恋愛反応の見つけ方

 

①過去の出来事をふり返る

 

あなたの家族間で起きた

・とてもイヤだった
・とても悲しくなった
・怒りがわいた

など、強い感情がわきあがった出来事を思い出してみましょう。

 

②過去に出来上がった思い込みを見つける

 

強い感情から、あなたが作り上げたと思われる思い込みを見つけていきます。

 

涙が出たとか、身体がふるえたなどの身体的な反応が起こったのでしたら、そこにもヒントがあります。

 

「悲しい」「くやしい」「涙」「身体のふるえ」などに、ぴったりする文章を作ってみてください。

 

この文章があなたの思い込みになります。

 

③思い込みを現在にあてはめる

 

②で見つけた思い込みと、彼に対する気持ちが、同じかどうか確かめる。

 

「あっ、同じだ!」と思ったら、それがあなたの反応の原因です。爆弾ともいえますね。

 

きっとあなた自身で爆弾に火をつけていたことに気がつくでしょう。

 

実際のカウンセリングでは、この反応をしっかりと見つけるまでが最初の一歩。

 

反応がわかれば、あとはその反応を変えていく作業になります。

 

さあ、ここからは、ひとりで反応を変えていくヒントをお伝えしますね。

 

 

恋愛反応を変える方法

 

反応を変える方法は、脳の特性を利用します。

 

①ゆる~く変える

 

脳には、急激な変化を嫌う特性があります。ダイエットが続かないのも、この安定化思考があるためです。もちろん意思の強い方は、ダイエットに成功します。

 

ところが恋愛の反応は、過去に何度も親子間でくり返されたことから来ているので、意思だけで簡単に変えることはとても難しいのです。

 

では、変えるのは不可能かというと、脳には「小さな変化は気づかない」といった特性もあるので、そこを利用することで変えることもできるんですよ。

 

つまり、0から一気に100をめざすのではなく、0から10ぐらいをめざすのです。

 

10に変わったら、20をめざす。20に変わったら30を…と小さなステップを踏んでいく感じで進めていきましょう。

 

具体的には、「私は大切な存在でなはい」という思い込みを作り上げたのでしたら、「私は大切な存在になることもできる」というように、自分にゆるい許可を出していきます。

 

それが定着したら、次は「私は大切な存在になれる」「私は大切な存在だ」といった具合に変えると良いでしょう。

 

②イメージする

 

人はイメージをして初めて行動に移せます。イメージがないと何もできないのです。

 

例えば、あなたがレストランで注文する場面を想像してください。カレーを食べたいと思った瞬間、きっとカレーの味やにおいを思い浮かべることでしょう。そして、それを食べた満足感を一瞬で想像する。

 

これがイメージの力です。

 

恋愛の反応を変える場合は、あなたにとって幸せな状態をイメージしてみましょう。色でイメージするのが一番シンプル。

 

私自身、依存的な恋愛はでは幸せになれないと自覚していたので、あたたかくて安心した気持ちになる冬の森の日だまりのようなオレンジ色を何度もイメージしました。

冬のひだまり
↑実際に歩いた山で体験したオレンジ色

 

執着していた相手との関係でモヤモヤするたびに、このイメージと彼は結びつくのかな?と、もう一人の冷静な自分を登場させてみたものです。

 

理想とする恋愛の場面をイメージするのもいいですね。

 

ただし、「ふたりでソファーに座ってテレビを見ている」程度ですと、少しイメージが弱いです。

 

その行為で「自分はどんな感情を感じたいのか」までをイメージしてくださいね。ここがポイントですよ。

 

③くり返す

 

脳には「くり返されることを重視する特性」もあります。あなたの恋愛の反応は、まさに親子間の出来事のくり返しによって脳に刻まれたもの。

 

①のゆるい許可を一日に何度も口にしてみてください。特に朝や就寝前のぼんやりとしたときに口にするのが効果的。脳に定着しやすい状態を狙いましょう。

 

次に②のイメージを、彼との出来事で心がゆれるたびに思い浮かべてください。

 

彼に執着したくなったら、「この執着(行動)は自分にとって、理想的な恋愛に結びつくの?」と何度も自問自答してみることも実践してくださいね。

 

私は何度も何度もイメージをくり返しましたよ。そのうちに、自分が本当に求めている彼像がわかってきたのです。

 

すると、実際に男性と出会ったときに「あぁ、この人かもしれない…」となんとなくわかりました。

 

まとめ

 

・恋愛の問題は相手にあるのではなく、自分自身の反応にある。

・恋愛の反応は、未完了の事柄が関係している

・その反応があるかぎり、同じ恋愛をくり返す。

・反応を書き換える方法は
① ゆるい許可を自分に出す
② 幸せな状態を想像する
③ ①と②を何度もくり返す

今回は、恋愛で幸せになりたい方に具体的な方法をお伝えしました。ぜひやってみてくださいね。

 

あなたの恋愛の悩みが幸せに変わることを、心から願っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© カウンセリングルームmika , 2019 All Rights Reserved.