「彼をあきらめられないんです」不倫中の独身女性が苦しむ本当の理由

 
花と蝶

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

 

今回は不倫で苦しい想いをしている女性に向けた内容です。

 

不倫の本当の苦しみについて書いてみました。

 

不倫の悩みと苦しみ

 

女性

不倫の苦しみは、あなただけを愛してもらえないことでしょう。

 

そしておそらく、このような気持ちが常にあるのではないですか?

 

彼は奥さんと性的な関係がないと言っているから…(私は女として勝った)
彼と会っているときが最高だから…(彼と会っている瞬間を大切にしたい)
彼は私を愛していると言ってくれるから…(彼を信じたい)
知り合うときが少し遅かっただけ…(もう少し出会うのが早ければよかったのに)

 

不倫があなたに及ぼす影響

 

ご存知の通り、日本で不倫はご法度です。

 

私個人、不倫は当事者の問題ととらえていて、個人と個人の問題に「善悪」「正しい間違っている」などのジャッジをする気持ちは一切ありません。

 

大人の関係ならば自由でいいと思いますが、そこには必ず問題があります。

 

それは

①人を傷つけること

②不倫関係にのめりこんでいくにしたがって自分が嫌いになっていくこと

 

つまり、あなた自身が次第に不幸せになっていくのが、同じ女性として悲しい気持ちになるのです。

 

不倫で人を傷つけるということ

 

悲しげな女性

傷つけるのは、相手の子どもやパートナー。相手の家族が事実を知ったら、とても傷ついてしまうでしょう。

 

そして、もっと傷つけてしまう人がいます。

 

それは、あなたです。
自分自身を傷つけてしまうのです。

 

だから苦しいし、誰かに聞いてもらいたいし、なぐさめてもらいたくなります。

 

また、うしろめたさも感じているので、モヤモヤとした気持ちがいつもあり、心からの幸せを感じることができなくなるのです。

 

そもそも、不倫相手があなたのことを大切に思っているのなら、苦しんでいるあなたをそのまま放っていることに、相手の男性は何の疑問を持たないのでしょうか?

 

私は女性の味方なので、男の甲斐性とか、不倫は文化とか、ふざけたことを言ってるんじゃない!と男性に喝を入れたくなります。

 

不倫している女性が大事なら、すべてを清算して恋愛中の相手を包み込むことぐらいできないの?と思ってしまいます。

 

不倫中の男性は、パートナーと関係がギクシャクしているから仕方ない。必要悪なんだ。

 

これもよく聞くセリフですよね。

 

でも、毎日生活を共にするパートナーを幸せにできない男性に、他の女性を幸せにできるはずがない、と私は思ってしまいます。

 

 

不倫から得る幸せは?

 

不倫中のあなたが恋愛に求めるのは、どんな幸せでしょうか?

 

幸せには2種類あります。

①ジェットコースターのような快楽

これは短い間だけ持続する幸福感であり、量的には多いと言えますね。

 

彼との一体感や、ドキドキ、ハラハラといったスリルが目いっぱいあり、快楽と言い換えられます。

 

もう一方で、さほど大きくなくても長く続く幸せもあります。それは……

 

②安心感のある穏やかな喜び

どんなことがあっても彼は私を守ってくれる、私のことを一番に考えてくれる、といった安心感。①の快楽と比べて幸福感の量は少ないかもしれません。でも、長く続く幸せです。

 

不倫は相手の男性に家庭があるので、彼はあなたのことを一番に考えている状態ではないことを、あなたは誰よりも身に染みているでしょう。

 

おそらくあなたも、ずっと一緒にいたい、できるなら彼と結婚したいと思うのではないでしょうか?結婚は長く続く幸せを強烈にイメージするものですし、今のあなたには手に入らないものなので。

 

仕事として多くの女性の悩みをうかがっている私は、心の安定感を求めていない方に会ったことがありません。

 

もし、あなたが不倫関係で悩んでいるのなら、自分がどちらの幸せを求めているのかを見つめ直してみませんか?

 

 

幸せの量と質

 

②の長く続く安心感から来る幸せは、快楽とは違って瞬時に感じる幸せの量は少ないです。

 

でも、質を考えてみましょう。

 

幸せの質の中には、とても大切なことが含まれています。

 

それは、

人としての尊厳です。

言いかえると、プライド。

もしあなたが、自分のプライドを大切にしたいと思うのでしたら、不倫関係はあなたのプライドを失くしてしまうような行為だと自覚してほしいのです。

 

自信を持った女性

 

*プライドとは、他人よりも何かができると言った勝ち負け状態からくるものではなく、自分を大切にしている状態のことを指します。

 

幸せの質=自分のプライド

このようにとらえると、いつまでもどっちつかずの関係を続けなければいけない相手に対して、怒りを感じるのもムリないと私は思いますが、いかがでしょうか?

 

だって、いつまでもズルズルと関係を続けている彼は、「あなたのプライドなんてどうでもいい」と言っているようなものですから。

 

まとめ

 

1.恋愛の安定感は自分の自尊心(プライド)が大きく関係する。

 

2.不倫は自分への尊厳がなくなった状態である。

 

3.量的に勝る幸せ(快楽)ではなく、質を追求して自尊心をよみがえらせる。

 

あなたは量と質、どちらの幸せを追い求めますか?

 

最後に

 

今は安定した恋愛状態にある私ですが、若い頃や離婚後は多くの男性に惹かれたものです。

 

娘に恋愛相談をしたことはありませんが、彼女は私にこんなことを言っていましたよ。

 

お母さんが好きならどんな人でもいいよ。ただし……

ムスメ

 

お母さんを泣かせる男は私が許さないからねっ!

ムスメ

 

そいつのチ○コ蹴り飛ばして二度と使い物にならないようにしてやる!!

ムスメ

 

(^^;

ミカ

 

これを聞いてから、私は自分を大切にしようと心から思いました。

 

あなたを大切に思う人ならば、私の娘と同じように言うと思います。

 

どうですか?

 

さあ、今回は、ここまでです。またお会いしましょう。

 

不倫で悩んでいる方は、こちらの記事もあわせてどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© カウンセリングルームmika , 2019 All Rights Reserved.