自分を大切にする【恋愛コミュニケーション実践法】3ステップ

 
恋愛コミュニケーション

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

 

今回は、多くの方が苦手とする【恋愛コミュニケーション実践法】のご紹介。

 

何とも思わない相手に対しては

  • ある程度、自分の思うことを伝えられる。
  • 「この人イヤだな」と思ったら、さっさと関係を切ることができる。

とおっしゃる方が実に多いです。

 

ところが恋愛関係にあると、相手に思うことを伝えられない場面ばかりで、いつもモヤッとしてしまう方が多いのも事実。

 

なぜか怒りをぶつけてしまい、「やっぱりダメだ……」と落ち込む場面や

怒る女性

 

 

相手に怒られたら怖い、相手が離れてしまうかもしれない‥…といった感覚に襲われ、本心を伝えられない場面があるかもしれません。

悲しい女性

 

どうしてこうなってしまうのでしょう?

 

どうして適切なコミュニケーションが取れないの?

 

恋愛において適切なコミュニケーションが取れない理由は、自分が育ってきた親子関係において、思ったままを親に伝えることができなかったからです。

 

問題が起きても、家族間で話し合う場面がなかったので、ムリもないですよね。

幸せでない家族

 

これは、いい感じのコミュニケーションが取れなかった「経験不足」だと言えます。

 

私の場合もその典型で、ものごころついたときには父親がアルコール漬けの毎日。

 

私が何を言いたいかよりも、「お父さんが暴れないためにはどうしたらいいのか」ばかり考えて、ビクビクしていました。

 

その結果、大人になった私は、恋愛関係にある相手に思うことを素直に伝えられなかったり、がんばって伝えてもすぐに撤回してしまったり、何も言わずにダンマリを決め込んだりと、失敗の連続。

 

かつての私にも言えることですが、職場では言いたいことが言えるのに、友達や恋愛相手にはできない方は、相手を失いたくないといった恐怖が無意識にあります。

 

 

コミュニケーションは練習

 

大切な人に対して自分の考えを素直に伝える経験がないと、伝える行為そのものが怖いですし、不安にもなりますね。

 

そもそも、やり方がわからない方もおられるでしょう。

 

ここからは、私が体得してクライアントさんたちにも練習していただいている、コミュニケーションの実践をご紹介します。

 

3つのステップなので、覚えやすいですよ。

 

ベストコミュニケーション ステップ1

 

相手のセリフや態度をオウム返し

コミュニケーション1

 

疲れたと彼が言ったらセリフのオウム返し

「疲れたんだね」

 

彼が落ち込んでいるように見えたら態度のオウム返し

「落ち込んでいるように見えるけど、どうしたの?」

こんな感じです。

 

相手が言ったセリフや態度へのオウム返しの良さは、「この人は自分を受け入れてくれた」と思ってもらえること。

 

簡単な言い方もあります。

「そうなんだ~」

ね、簡単でしょう?

 

このとき、あなたは相手と同じように考えなくても大丈夫。「あ~、この人はそう思っているんだなぁ」との気持ちで、「そうなんだ」と応えてみましょう。

 

人間ですから、何もかも同じに考える相手などいないですよね。それでいいです。

 

重要なのは、相手がそう思っている事実を「ふんふん」と受け止めることですから。

 

ベストコミュニケーション ステップ2

 

自分の素直な気持ちを伝える

コミュニケーション2

 

「私は悲しいよ」「私はガッカリしたよ」と、“私”を主語にして自分の気持ちを相手に伝えてみましょう。

 

あくまでも主語は私にしてくださいね。

 

あなた”を主語にすると、相手が批判された、攻撃された、と感じてしまいます。

 

相手の行動がイヤだと思ったら、「私はあなたの~がイヤなんだ」と落ち着いて伝えてみて。

 

あくまでも私だけがイヤだと感じるのであり、みんなが感じているのでもなければ、あなたの人格を全否定しているのでもないよということです。

 

彼という人が持っている全体の中の一部分。その一部分の行動がイヤなんだという考えで接してみてください。(イラスト参照)

彼像

 

 

動物だけでなく、人も攻撃してくる相手に対しては防御態勢を取りますから、攻撃せずに伝えることはとっても大事ですね。

 

さもないと……

怒るリス

になってしまいます。

 

ベストコミュニケーション ステップ3

 

相手にリクエストや提案をする

コミュニケーション3

 

ステップ3は一番のカギとなります。

 

相手にリクエストをしてみましょう。

私はあなたが~してくれるとうれしい。

 

提案という形もいいですね。

私は○○がいいと思うけれど、あなたはどう思う?

 

ステップ3のリクエストはコミュニケーションの最重要点。

 

あなたが大切にしたい気持ちや考え方を、リクエストの形でぜひ伝えてみましょう。

 

このとき、相手に過度な期待をふくらませないことも大事。ふくらんでもいいのは、風船と胸だけですね。

 

あっ、スポンジケーキなどのデザートもふくらんでほしいです。

 

かつて、ニュージーランドの国民的デザートパブロバがふくらんだと大喜びして、オーブンから出したとたん、シュルルルル~とぺちゃんこになってしまい、凹んだことがあるんですよ。

 

レコード盤みたいなパブロバを作って以来、二度と挑戦していません。でも、ふわふわメレンゲのパブロバ、もう一度食べたいな~。

 

パブロバ

出典 Rakutenレシピ

 

まとめ

 

  • コミュニケーションが上手く取れないのは、経験不足から来ている。

 

  • 私を主語にして3ステップコミュニケーション

【ステップ1】
オウム返し

【ステップ2】
自分の気持ちを攻撃しないで伝える

【ステップ3】
リクエストや提案を期待しないで伝える

 

コミュニケーションは、会話の中で何度も何度も繰り返されるものです。

 

基本はステップ1~2~3、ときにはステップ2~3、またあるときにはステップ3だけのこともあるでしょう。

 

あなたの気持ちを大切にしながら、彼と関係を築いていってくださいね。

 

伝えられたという経験が、あなたの自信に必ずなりますよ。

自信がわいた女性

 

最後に

 

彼と破局してしまった方は、「何か重要なことが起きたから」と思うかもしれません。

 

ところがその破局は、始めから二人の関係ができていなかった、つまりお互いにコミュニケーションが取れていなかった結果の破局です。

 

LINEを既読スルーする彼が急にイヤになったのではなく、LINEを既読スルーする出来事に対して、二人で話し合ってくることができなかった事実が問題なのです。

 

コミュニケーション、大事ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© カウンセリングルームmika , 2019 All Rights Reserved.