心の状態は言葉に出てくる……と思った出来事

 
2羽の雀

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

 

彼と私、彼の友人の3人で食事をしていたときのこと。

 

「2,3分外に出るけど、このバッグを置いていってもいい?」の私のひと言に、彼の友人が笑って言いました。

 

「人にゆだねるね~」と。

 

「あっ!」と思いましたよ、私は。

 

バッグを置いて外へ行きたいのなら、「外へ行くからこのバッグを見ていてね」と自分軸で言えばいいじゃないですか。

 

それを受け入れるかどうかは、彼の問題。

 

きっと無意識に、まずは相手の許可を求めてしまう他人軸な私がいたのでしょうね。

 

チラリと過去のクセが出てしまうこともあるんだなぁ……と痛感した出来事でした。

 

 

これを恋愛の悩みに置き換えてみます。

 

――――――――――――
彼が連絡をしてくれない
――――――――――――

他人軸な発言

 

 

――――――――――
彼から連絡が来ない
――――――――――

単なる事実

 

この違い、わかりますか?

 

連絡が来ない事実があるのなら、自分から連絡すればいいですよね。でも、モンモンと彼について想像をめぐらしているから、軸が他人の物になっていきます。

 

自分が思っていることを言うと彼が離れていくと感じるとしたら、それは頭の中で過去と未来が行ったり来たりしている状態です。

 

過去と未来を行ったり来たりは、

「あのとき、あそこで〇〇があった」

「だからまた〇〇が起こるに違いない」

と思いをめぐらすこと。

 

ちなみに

 

【怒り】
現在の問題を解決するために必要な感情

 

【恐れ/不安】
未来に予測される問題を解決するための感情

 

【悲しみ】
過去の問題を解決するための感情

 

ととらえることができます。

 

 

感情そのものに良い悪いはないのですから、自分の感情を“自分で”受け止めることが大事です。

 

ポジティブな感情もネガティブな感情も自分のもの。そっと受け止めてあげると、自分らしさを感じて心の土台ができますよ。

 

話を恋愛に戻します。

 

ーーーーーーーーー
彼に愛してもらう。

彼が愛してくれる。
ーーーーーーーーー

これはかなりの他人軸。愛に許可がいるのかな?なんて思います。

 

 

ーーーーーーーー
私が彼を愛してる。
ーーーーーーーー

こうなるといい感じになります。もちろん、理想は「お互いに愛し合う」ですよね。

 

他人軸で物事をとらえるクセがある方は、主語を私に置き換えてみるといいでしょう。

 

言葉には、無意識な感情や考え方が出ます。

 

反対に、言葉を意識することで自分自身をモニタリングできますし、「私が〇〇する」と思うだけでもこれまでとは違う気持ちが出てくるのもです。

 

 

そうそう、日本では習慣として、仕事で上司におうかがいを立てる場面もありますね。

 

「いま、お話してもいいでしょうか?」という感じで。

 

これはあくまでも、仕事上の会話。

 

恋愛なのですから、対等な関係で行きましょう。「幸せは自分軸から」を合言葉に。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
静岡市在住、愛情問題専門の心理カウンセラー。愛と人生について学びながら、うつ・恋愛依存を克服。24年間の結婚生活が失敗した経験と離婚後に理想のパートナーと出逢ったメソッドを幸せになりたいあなたへお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© カウンセリングルームmika , 2019 All Rights Reserved.